障害者福祉論②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数211
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    エンパワメントとは、近年注目されている利用者に対する援助技術の考え方の1つである。もともとエンパワメントは、1970年代、アメリカの黒人解放運動・女性解放運動等の

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者福祉論②
    課題 「障害者を対象としてエンパワメントの視点に立つ援助とはどのような援助のあり方かを考察しなさい」
    題名 「障害者を対象としたエンパワメントの視点に立つ援助とは」
    エンパワメントとは、近年注目されている利用者に対する援助技術の考え方の1つである。もともとエンパワメントは、1970年代、アメリカの黒人解放運動・女性解放運動等の公民運動や、フェミニズム運動から発展してきた考え方である。一般的には個人や集団が自ら生活の統御感を獲得し、組織的・社会的構造に外郭的な影響を与えるようになることであると定義され、人が自分のおかれている状況を改善していくパワー、即ち権限・発言力・自信などとい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。