社会福祉援助技術演習④

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数270
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ここで明らかなのは、離婚が引き金となった負の連鎖に陥っていることである。母親が幼い子どもを抱えて希望の職に就くことは、今の社会情勢では非常に困難である。また、イライラして仕方ないのは、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助技術演習④
    課題 「次のような相談者に対し、援助技術の原則をふまえ、どのように対応しますか」
         1歳と3歳の子どもを持つ若い母親が、児童家庭相談センターに子どもを連れてやってきた。相談員に「子どもがかわいくないので、これ以上、子育てはできない。このまま子どもをずっと預かってほしい」と。相談員が状況を聞くと、「離婚した後、仕事もなく生活が立ち行かなくなっている。子どもは自分の思うようにはならないので、いらいらして仕方がない。頼れる親族もいない。」との訴えでした。
    まず、相談者の主訴を整理しニーズを抽出したい。  ・相談者は離婚している若い2児を持つ母親。  ・仕事がなく生活が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。