社会福祉援助技術論2-2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数362
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近年、集団援助技術とも呼ばれているグループワークとは、社会福祉専門職が対人援助の援助活動場面で活用する、援助技術の一つである。
     コノプカはグループワークを「ソーシャルワークの一つの方法であり、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助技術論2-2
    課題 「グループワークの意義について論じ、次にグループワークの構造とその機能についてまとめなさい」
    題名 「グループワーク(集団援助技術)の意義と、その構造と機能について」
    近年、集団援助技術とも呼ばれているグループワークとは、社会福祉専門職が対人援助の援助活動場面で活用する、援助技術の一つである。  コノプカはグループワークを「ソーシャルワークの一つの方法であり、意図的なグループ経験を通じて、個人の社会的に機能する力を高め、また個人、集団、地域社会の諸問題に、より効果的に対処しうるよう、人々を援助するものである」と定義している。また、シュワルツはグループワーカーを「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。