医学一般②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数205
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医学一般②
    課題 「生活習慣病としての高血圧について知るところを述べ、対策も考察せよ」
    題名 「生活習慣病としての高血圧について」
    生活習慣病の中で最も多い疾患が高血圧であり、日本における高血圧患者数は約3500万人といわれている。その割合は成人の3人に1人で、60歳以上では半数以上にものぼる。血圧が高い以外に自覚症状は乏しく、半数の方は高血圧であることすら認識していない。そのまま放置すると脳卒中や心臓疾患などの生死にかかわる病気を引き起こすことがあるため、サイレントキラーとも呼ばれています。すなわち高血圧にならないような生活習慣を保つ事ができれば、他の生活習慣病を発症するリスクは劇的に低下す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。