社会学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数217
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    我が国の総人口は2000年時点で、およそ1億2693万人である。その後2005年の国勢調査速報値で明らかになったように、ピークとしての1億2800万人に到達しないまま2005年から減少を開始した。2040年にはおよそ1億人、2100年にはおよそ6400万人にまで減少すると見込まれ、少子高齢化が深刻な問題となっている。  1年間に生まれてくる子どもの数は、第2次ベビーブームである1973年の209万人をピークに減少をはじめ、最近では110万人程度となっている。また、女性が生

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会学
    課題 「『少子化する高齢社会』を読んで、『人口減少社会』について詳しくのべなさい」
    題名 「人口減少社会について」
    我が国の総人口は2000年時点で、およそ1億2693万人である。その後2005年の国勢調査速報値で明らかになったように、ピークとしての1億2800万人に到達しないまま2005年から減少を開始した。2040年にはおよそ1億人、2100年にはおよそ6400万人にまで減少すると見込まれ、少子高齢化が深刻な問題となっている。  1年間に生まれてくる子どもの数は、第2次ベビーブームである1973年の209万人をピークに減少をはじめ、最近では110万人程度となっている。また、女性が生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。