医学一般①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数188
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本人の三大死因である、がん(肺がん・胃がん・大腸がんなど)、心疾患(狭心症や脳卒中などの虚血性心疾患)、脳血管障害(脳卒中)や、その危険因子である高血圧、肥満、高脂血症、糖尿病などは、かつて成人病といわれていました。「成人病」という言葉は文字どおり、成人になるにつれてかかることが多い病気という意味です。つまり、自分自身の責任ではなく、加齢というやむを得ない理由でかかるものだと考えられていました。しかし、当然のことではあるが、成人になっても

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医学一般①
    課題 「いわゆる成人病が生活習慣病といわれるようになった理由について」
    題名 「いわゆる成人病が生活習慣病といわれるようになった理由について」
    日本人の三大死因である、がん(肺がん・胃がん・大腸がんなど)、心疾患(狭心症や脳卒中などの虚血性心疾患)、脳血管障害(脳卒中)や、その危険因子である高血圧、肥満、高脂血症、糖尿病などは、かつて成人病といわれていました。「成人病」という言葉は文字どおり、成人になるにつれてかかることが多い病気という意味です。つまり、自分自身の責任ではなく、加齢というやむを得ない理由でかかるものだと考えられていました。しかし、当然のことではあるが、成人になっても..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。