環境問題と排出権ビジネス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数427
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境問題と排出権ビジネスについて
    私は、環境問題対策は経済発展の足かせとなるものと考えていた。しかし、環境問題対策をした場合にかかるコスト(GDPの約1%)よりも、対策を何もしなかった場合の被害損失(最大でGDPの約5%)のほうがずっと大きいことを知り、これは看過しえぬ問題だと感じている。
    環境問題は、無論世界共通の問題である。従前より省エネや産業の効率化を推し進めてきた我が国の産業界は、「乾いたタオル」に喩えられるほど、生産活動あたりの温室効果ガスの排出量が国際的にも優秀である。にも関わらず、更なる排出削減を強いられるのは苦しいことだが、2005年に発効した京都議定書により、我が国に関しては1990年時点の排出量の6%を削減することは、国際的にも、国内的にも迫られることが確実なので、企業としてはこの課題にいち早く取り組み、他社に先駆けて炭素制約社会に適応できる競争力を身に付けなければならない。
    温室効果ガス削減に掛かる費用を最小にする仕組みとして、排出権取引というものがある。6月に発表された福田ビジョンでも温暖化対策に排出権取引制度を導入することが盛り込まれ、いよいよ現実味を帯びてき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。