家庭科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数727
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第5学年 家庭科学習指導案
    平成○年○月○日( )第○校時 指導者 ○○ ○○
    1.題材名 「おいしいみそしるを作ろう」
     
    2.題材について
     本題材は小学校学習指導要領の「(5)日常よく使用される食品を用いて簡単な調理ができるようにする」を受けて設定したものである。
    みそは日本の典型的・伝統的な食品のひとつであり、わたしたちの町でも休耕田を利用して作られた、大豆を原料にした田舎みそ、地元の有機無農薬大豆と紅麹を使用した紅麹みそなどを地域の女性グループでつくる「田舎みそ生産組合」や各地域の特産物加工組合の方々が味噌や豆腐を昔ながらの製法を守りながら生産されている。
    また、本校の教育講演会でも「早寝、早起き・朝ご飯の重要性について」を演題に講師を招いて開催し、児童も朝食の大切さをを認識しはじめている。
     最近ではインスタントの味噌汁などの普及もあり、味噌汁の作り方をしらなくても生活していけるというのが現状であるが、味噌汁を作ることを通して、児童自身が家庭生活への関心を高めるとともに、自分の食生活をみつめ日常生活において、味噌汁にどんな食品を加えれば栄養的に調和が取れるのか、1食分の食..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。