(教科)体育2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数600
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教科体育玉川大学

    代表キーワード

    玉川大学体育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近年の小学生の身体的問題のひとつとして指摘されるのが、やせと肥満の二極分化である。文部科学省の調査データなどによると、やせすぎも太りすぎも年々増加している。  
    【肥満について】
    小児肥満が成人の肥満に移行する確率は40~85%と言われています。小児肥満から成人の肥満に移行しやすい条件としては、肥満の発生が乳児期以降であること、肥満の程度が高度であることが上げられている。
    小児の肥満には良性と悪性の2つのタイプがある。良性肥満は乳児期に太りだし、満1歳以降に軽度肥満か正常上限の体重で経過するタイプで、病気として扱う必要はない。これに対し悪性肥満は、幼児期以降に急激に体重が増加していくタイプで、肥満に基づく健康障害につながりやすい上、高率に成人肥満に移行するため小児期の管理が重要となる。幼児の肥満が乳児の肥満と決定的に異なる点は、学童期以降の肥満につながる可能性を持っている事で、適切な対応が必要となる。
    肥満の理由としてまず指摘されているのは、食生活の悪化である。幼いころからの食習慣でハンバーガーをはじめとするファーストフードを好む子どもが増加し、これに加え、野菜や大豆などを中心とした食..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。