情報メディアとコミュニケーション1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数312
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『メディアと社会情報が現代社会の包括的な安定、あるいは産業や生活などに果たしている役割を、具体的な現象に則した上で、焦点をしぼって考察しなさい。』
    1.情報化の進展による現代社会の変化
     現代社会は変化が激しく、またかつての社会と比べて非常に複雑になってきている。IT業界ではドッグイヤーという言葉があり、IT業界の技術革新のスピードを例えた言葉だったが、今はどの業界でも昔とは比べ物にならないくらいスピードが求められている。社会の情報化によって社会全体がドッグイヤーと化していることが激しい変化と複雑化を引き起こしているように感じる。
    2.インターネットに代表される新しいメディア
     一昔前は、個人が情報を入手しようとすれば、新聞や雑誌、ラジオやテレビといった媒体が主流であった。また個人が広く世間に情報を発信しようと思っても、コスト面や機材等の問題もあって事実上、不可能に近い状態であった。しかしながら、近年急速に普及してきたインターネット等の新しい媒体が、低価格で高速に大容量のデータを送れるようになり、今後メディアの主流になると言われている。これは単に、情報伝達手段が増えたというだけでなく、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。