教育方法学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数100
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また、格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。』
    (1)情報社会・知識社会・格差社会と教育
    情報社会さらには知識社会と呼ばれている現在、いかに多くの知識・情報を、適切な時期に適切なものを取り出して利用できるか、また、氾濫する情報の中から自分に必要なものを取捨選択し、その情報の真偽を見極め活用できるかが重要になってきている。また、情報化が進み、もはや学校だけが情報・知識提供の場ではなくなり、学校教育は「国が定める全国一律の基準によって国内どこでも同じようなレベルの教育を行う仕組み」から、「それぞれの地域と学校の意欲や特色を反映させた教育活動を行う仕組みへ」と、大きく変換させられようとしている。つまり、教育のあり方も「均一に受けさせられるもの」から「選んで受けるもの」へと変化しつつあり、市場原理から逃れられなくなってきているのである。
    パーソナルコンピュータや携帯電話などの機器やインターネットの爆発的な普及・発達に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。