教育原論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数203
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。』
    ①ロックの紳士教育論と習慣形成
    ジョン・ロック(1632-1704)は、イギリスの哲学者・思想家・医学者であり、教育学においても活躍した人物である。彼の教育論は一般に紳士教育論と言われており、「紳士(ジェントルマン)は、健全な身体と道徳と知識を持っているべきである」としている。健全な身体における健全な精神とは、言葉では簡単であるが、人生の幸福を言い尽くしている。ロックの子どもに対する紳士教育論は、当時の親たちが幼児期の子どもを教育するに際して子どもを可愛がるあまり必要な訓練を行っていないことに対する嘆きがきっかけとなっている。
    ロックによれば、理性的に適した事柄にしか同意しないようにし、精神を正しくすることが教育において重要であるとし、精神を鍛えることによって子どもは自分の欲望を我慢し、理性が最善として示すものに純粋に従うことができるようになる。逆に、「若い時に、自己の意思を他人の理性に服従させることになれていない者は、自己の理性を活用すべき年齢になっても、自分自身の理性に従うことはめったにない」とも言って..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。