教育原論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数174
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ」
    ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチーは、スイスの大教育者であり、近代教育の父である。教育実践と思想は、ルソーや他の啓蒙思想家に影響を受けた深い人間愛・ヒューマニズムに立脚している。
    ①ペスタロッチーの生涯
    1746年チューリヒに生まれる。五歳の時、医者の父親を失い、兄妹とともに母親と家政婦によって愛情深く育てられた。幼少期に女性によって育てられたことは、後年教育における女性や家庭の重要性を説いたことにつながっていると考えられる。また、牧師であり貧しい人々の救済のために働いていた祖父の影響も受け、宗教的信仰を以って救済事業にあたることを決意する。1763年大学に入学し神学を学ぶが、貧民救済の為には宗教ではなく法が重要であると悟り、法学も学ぶ。農業改革による人々の救済を目指し、1771年農園「ノイホーフ」を開くも経営に失敗。1774年には困窮の中、貧しい家の子供や孤児のための学校・貧民院を設立するが、経済上の理由で閉鎖されてしまう。当時大衆の子どもたちは教会に作られた学校に通っていたが、文字を覚えたり本(聖書)を読んだりするだけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。