教育心理学最終試験(学習理論)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,719
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育心理学 科目最終試験 
    学習理論の中で、条件づけ理論、認知説、社会的学習理論について、各々の相違点が明らかになるよう、概要をまとめよ。
     条件づけによる学習には、古典的条件づけと道具的・オペラント条件づけがある。これらの条件づけはいずれも刺激と反応との間に形成される連合・結合として学習を捉えている。古典的条件づけとは、無条件刺激と条件刺激が繰り返し対提示されること(これを強化手続きという)により、新しい刺激と反応の連合、つまり条件刺激と条件反応の連合が形成されることをいう。パブロフは、イヌに食物(無条件刺激)を与える直前に、イヌにブザーの音(条件刺激)を聞かせることを繰り返す実験で、イヌは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。