実習授業指導案(福祉)援助技術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,448
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    実習授業学習指導         (氏名        )
     月  日  曜日 第   校時  年  組 場所(教室等) 福祉実習室 教科・領域 援助技術Ⅱ
    レクリエーション活動援助法 単元名
    (題材名)  レクリエーションと社会福祉
    (高齢者のレクリエーション活動と援助展開例) 単元の
    目標 社会福祉サービス、利用者と援助者のあり方を考え、その中でレクリエーションの援助が果たすべき役割、援助者が身につけるコミュニケーション技術や人間関係能力を検討する。 指導
    計画 生活とレクリエーションの関係
    高齢者のレクリエーション援助
    高齢者のレクリエーション活動と援助展開例 
    本時 本時の
    目標 レクリエーション活動の実践援助能力を習得、向上する。
    利用者に応じたレクリエーション援助の展開法について実技および演習形式で学習する。 過程 学習活動
    (予想される生徒の反応など) 教師の働きかけ、指導上の留意点
    (主な発問・指示・教師の支援など)
    (評価など) 導入
    10分 本時の目標および学習範囲を確認する。
    レクリエーションを実施するにあたって、計画立案が必要であることを理解する。
    脳の活性化..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。