障害者福祉論 W8103  最終試験問題2

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,538
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者福祉論 W8103
     最終試験問題 下記の設題についてのまとめ
    「小規模(共同)作業所の意義と役割について述べなさい」 「障害をもつ人たちへの相談援助活動を進める際の基本視点を述べなさい」 「国連の障害者の人権保障活動にいて「国際障害者年」はどのような意義をもっていたかのべなさい」 「障害者プラン(1995年)の意義と課題を述べなさい」 「第2次世界大戦後のわが国における障害者福祉政策の展開を述べなさい。」
    「戦後日本における障害者福祉政策の変遷を略述しなさい。」
    「わが国における障害者福祉の変遷を述べよ。」 「障害の概念を説明し、障害の構造的把握の意義と課題について述べなさい。」
    「障害の概念とその構造的理解の意義について述べよ。」
    「障害を構造的に把握することの意義をあげ、わが国の障害者福祉関連法制の問題点を述べなさい。」
    「小規模(共同)作業所の意義と役割について述べなさい。」
    <Ⅰ はじめに>
     養護学校を卒業しても就労できない知的障害者は多い。近くに通所の援護施設がある場合はよいが、法定施設の定員を満たすほどの対象者いない地域もある。そうした地域の親たちが中心となって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。