社会科学概論 試験問題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数769
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会科学概論 下記の試験問題のまとめ。
    社会科学の誕生と「近代市民社会」の成立の関係について説明せよ。
    社会変動とはどのようなことか「技術」との関係を中心に論じよ。
    「日本的雇用慣行」の変化について考察を展開せよ。
    「大量消費社会」のもたらす諸問題を考察せよ。
    「揺れる家族」とは、どのようなことを意味するのか具体的に説明せよ。
    近年のメディアの変化は、若者のコミュニケーションのあり方にどのような影響を及ぼしたか、具体的な問題をあげて考察せよ。
    社会科学の誕生と「近代市民社会」の成立の関係について説明せよ。
    Ⅰ はじめに
     人間の社会は歴史的に変化し発展する。人間社会の歴史的な変化と発展につれて、社会科学も変化発展する。今日の社会のあり方を知るためには、社会科学の歴史について知らなければならない。社会科学の誕生と近代市民社会の関係について考える。
    Ⅱ 社会科学の誕生・成立・発展と役割
     社会科学の誕生、成立、発展は、資本主義体制の生成と発展に深い関係がある。中世では、封建的、神権的な制度、思想の社会があった。封建社会から絶対主義社会へ移行し、宗教的価値観から支配階級に批判が生まれ、さまざ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。