社会福祉方法原論1②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数745
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ソーシャルワークの発展を概観するとともに今日のソーシャルワーク理論の動向とかかえる課題について述べなさい。」
     欧米諸国では、19世紀後半からの産業革命によって、労働者の都市への流入が増大し、労働環境の劣悪化、失業、疾病などから生活が一般水準に達しない貧困層が拡大された。貧困は、個人の責任によってもたらされた問題と考えられ、救貧法によって救済がおこなわれていた。しかし、資本主義社会においてお社会構造的に生み出されているものであることが認識されるようになった。
    貧困が社会問題となり、問題解決のための方法として2つの方法を導き出した。社会保障制度による生活保障と専門職による対人援助の社会福祉サービス提供である。イギリスでは、国民の最低生活を保障する社会政策の重要性を指摘し、社会連帯によって回避しようとする社会保険制度を解決手段として展開した。全国人の生活を「ゆりかごから墓場まで」保障するため、福祉国家の体制を整えることとなった。一方、アメリカでは、専門職による対人援助によって問題解決を図ろうした。相互扶助の是認する国民的合意が培われる基盤が弱く、また国家の国民生活への介入は最小限に止めら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。