地域福祉論 試験問題

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,709
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域福祉論W8104
     最終試験問題6題についてのまとめ
    現代の地域福祉における社会福祉協議会の役割と課題について説明しなさい。 地域福祉の推進方法について、関連諸領域との連携、住民参加、民間非営利団体の役割に関わらせて説明しなさい。 地域福祉とは何か。その理念と基本的な概念について説明しなさい。 現代社会におけるコミュニティと地域福祉の関係について、戦後における地域社会の変化に着目して説明しなさい 地域福祉の基本的視点と具体的な構成要件について述べなさい。 地域福祉の展開について、歴史的経緯をふまえて説明しなさい。
    「地域福祉の展開について、歴史的経緯をふまえて説明しなさい。」
    Ⅰ はじめに
     社会福祉の成立と発展の歩みは、大戦直後に制定された「福祉三法」と社会福祉事業法成立の時期、高度産業化の進むなかでの「福祉六法」の時期を経て、1990年には、「福祉関係八法の改正」、2000年には、「社会福祉法の成立」など関係の八法が改正され、社会福祉基礎構造改革として進展してきた。その特徴は、地域を基盤とした福祉へと大きく歴史的に変化していることである。
    Ⅱ 歴史的経緯
    戦前は、報徳思想やセ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。