障害者福祉論  試験問題その1

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数936
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者福祉論 W8103
     過去最終試験問題 下記の設題についてのまとめ
    「現行の障害者の法とサービス体系の問題点について述べよ」 「障害者福祉の基本的な理念について述べよ」 「ノーマライゼーションとは何か説明しなさい」 「ノーマライゼーション、リハビリテーションについて説明しなさい」 「障害者運動や当事者活動の果たしてきた意義と役割について述べよ」 「戦後日本における障害者運動の特徴を述べなさい」
    「現行の障害者の法とサービス体系の問題点について述べよ」
    <Ⅰ はじめに>
     障害者のさまざまな福祉サービスは、数多くの法律や制度を根拠に提供されている。福祉に関する関連法整備は、現社会と平行していない現状を課題としなければならない。
    <Ⅱ 障害者福祉関連法の問題点>
    法制度が対象としている障害者は、それぞれの法制によって少しづつことなり、年齢や資格条件が設けられている場合が多い。それぞれの制度が独自の目的をもつものである以上当然とも言えるが、その制度を必要としながらも除外される障害者が存在すること場合には、制度自体の改善が必要である。
     障害者福祉諸法の検討視点の第一は、法理念の検討で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。