社会福祉原論 試験問題

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,227
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉言論W0102
      最終試験問題の下記設問のまとめ。
    「国民の側からみた社会福祉の目的と基礎的な理念について説明しなさい。」
    「社会福祉の対象である生活問題を社会問題論の観点から説明しなさい。」
    「社会福祉サービス供給原則のうち、権利性、普遍性、総合性、地域性について公的責任とかかわらせて述べなさい。」
    「国民の側からみた社会福祉の目的と基礎的な理念について説明しなさい。」
    Ⅰ 人権の思想とその歴史的意義
     日本国憲法に記されている生存権保障の思想は、人として尊重され、人間らしい生活をおくることができることを目指している。人間らしい生活の意味するところは、社会の変化・発展とともに変化してきた。リハビリテーションの理念や世界人権宣言を経て、生存の保障から回復・維持・成長が加えられていくのである。近年用いられているノーマライゼーションも生存権の保障が前提となって行なわれる福祉のあり方であり、地域でノーマルな生活を目指して援助する方向に展開していこうとする福祉理念である。
    憲法第13条の幸福追求権の積極的解釈が、生活の質への関わりを社会福祉の役割に求めている。国民一人ひとりが快適生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。