教育心理学Z1103 試験問題

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,729
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育心理学 Z1103
     最終試験問題のまとめ。
    子どもがものや人と関わる力を次第に発達させていく過程を概観し、その中での学校教育が持つ意義を論述せよ。
    発達とは何にかを示し、発達の原理について要約せよ。
    青年期の不適応行動の主なものを説明し、その原因と考えられる諸要因について説明せよ。
    青年期の人格特性に影響を与える要因を「関係性の発達」および「人格理論」から考察し、よりよい人間性の育成はどうあるべきかを考えよ。
    内発的動機づけ・外発的動機づけの違いがわかるように整理し、学習効果と関連を説明せよ。
    「子どもがものや人と関わる力を次第に発達させていく過程を概観し、その中での学校教育が持つ意義を論述せよ。」
    Ⅰ 発達の過程
     児童期は、子どもは直接見聞できる体験を超えた、幅広いことがらに関心をもつようになる。本やテレビのようなメディアや仲間との会話など、間接的な経験からものごとの名称を知る機会が増えてくる。時間的にも空間的にも今を離れたことがらに接するようになり、具体的な文脈やイメージに依存した意味の把握から、本質的な意味を抽象する力が備わってくる。自分の興味・関心が向いた領域に夢中にな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。