教育社会学 試験問題

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,265
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育社会学 Z1104
     最終試験問題のまとめ。
    日本型の学歴社会の特質についてまとめ、学歴社会の今後の展望について述べよ。
    学力低下の実態についてまとめ、その問題点を整理せよ。
    いじめの原因についてまとめ、それが学校だけの問題ではないことについて説明せよ。
    いじめ問題の国際比較と通して、その共通性と異質性について具体的に説明せよ。
    国際化する社会に対応した教育とは何かについてまとめ、そのために学校はどのように変わらなければならないか説明せよ。
    イギリス・アメリカ・中国からひとつを選び、日本の教育改革と比較し、それぞれの特徴を整理せよ。
    「日本型の学歴社会の特質についてまとめ、学歴社会の今後の展望について述べよ。」
    Ⅰ はじめに
     学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味し、「社会のなかで高等教育過程へ進学する人の割合が多くなる傾向」を高学歴化社会という。日本の学歴社会の特質を明らかにし、学歴社会について考える。
    Ⅱ わが国の学歴社会の特質
    1) 日本型学歴社会とは、当該社会の社会的・職業的地位を決める主たる基準の一つが学歴であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。