介護概論Ⅱ  試験問題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数850
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護概論Ⅱ W0718 
     最終試験問題6題のまとめ
    「ICFの障害の概念について簡潔に述べなさい。」
    「K.レヴィンの言う人間の行動の原理を簡潔に述べなさい。」
    「「ケアは共生行為である」の意味を簡潔に述べなさい。」
    「セルフケアの重要性を論述しなさい。」
    「専門的介護プロバイダーは、なぜ人間のライフサイクルの理解が必要か論述しなさい。」
    「なぜ、専門的介護の利用者にコミュニティが重要か論述しなさい。」
    「K.レヴィンの言う人間の行動の原理を簡潔に述べなさい。」
    Ⅰ はじめに
    K.レヴィンは、人間の行動の原理を5つにまとめている。この原理は、人間がいかに利己的な存在であるかを示すとともに、環境を重視し、国際生活機能分類(以下ICF)における人間と環境の相互作用モデルと合い通じる。人間の行動の原理を示すとともにICFとの共通点および、その意味することを考える。
    Ⅱ 人間の行動の原理
     レヴィンは、人間の行動の原因は、「個人の素質や欲求、あるいは環境刺激にあるのではなく、人と環境の双方を含んだ全体の事態にある」とし、人間の行動の原理を示した。
    人間の行動は人と環境の関数である。つまり、B..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。