社会福祉計画論 試験問題

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,148
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    W0508 社会福祉計画論
    最終試験問題のまとめ。
    住民本位の福祉計画を策定するための視点について述べなさい。
    福祉計画策定・実施における住民参加の意義とその方法について述べなさい。
    社会福祉協議会における地域福祉計画策定の視点について述べなさい。
    地方自治が福祉計画を策定するにあたって求められる取り組みについて述べなさい。
    福祉サービス供給計画における公民関係について述べなさい。
    社会福祉における計画行政の意義について述べなさい。
    「住民本位の福祉計画を策定するための視点について述べなさい。」
    Ⅰ 福祉計画の策定
    福祉計画を策定するにあたり、実際に何が必要か、いま求められているものは何かを最も知っているのは当事者である住民である。福祉サービスの消費者である当事者、住民から福祉ニーズを聞き出し、計画策定に反映させることが重要である。そのためには福祉計画策定に住民参加は欠かせない。地域で暮らす住民の立場に立った考えや価値から優先されるべきことは何かをともに考えることが重要である。
    Ⅱ 住民本位の視点
    主体性のある住民参加の促進
    住民が主役であるという視点をもち、利用者を一人の人間として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。