教育社会学1Z1104

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数308
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点からのべよ。」
    Ⅰ はじめに
     わが国では、新しい学校制度の整備によって、人は「生まれ」と関係なく、教育の機会均等の原則に基づいて、すべてのものに門徒が開放されている。その結果、能力以外の外的条件によって押さえられていた国民の進学、就学希望が大きくかなえられるようになったが、学歴が高いほど良い仕事に就くことができるという考え方が浸透し、人々は学歴を重視するようになった。社会のなかで高等教育過程へ進学する人の割合が多くなる傾向を「高学歴化社会」といい、わが国はまさに高学歴化社会である。
     高学歴化社会は、一方でさまざまな社会現象を発生した。学歴社会とは何かを明らかにし、学力の視点をもって教育の変化について考える。
    Ⅱ 学歴社会
     学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉である。学歴社会は、教育を重視する社会のことではなく、当該社会の社会的・職業的地位を決める主たる基準の一つが学歴であるような社会のことであり、学歴によって、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。