教育相談の研究Z1110

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数342
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。」
    Ⅰ はじめに
     現在、学校では、不登校やいじめ、校内暴力や学級崩壊などさまざまな問題が噴出する状況にあって、ますます教育相談の役割が重要視されるようになってきている。このようなかで、教育を専門とする組織のなかにカウンセリングを専門とする者の役割が必要となり、近年、学校カウンセラーの委託事業が始まった。主に臨床心理士が学校カウンセラーとして学校で行うカウンセリングを学校カウンセリングとされるが、教師も個々の子どもたちを理解し、その個性を尊重しながら教育を行っていく上で、より深い子どもたちの心の理解が必要となり、専門的な関わりが求められるようになってきている。
    教員一人ひとりが、教育相談がどのように役割を果たしているのかを正確に認識し、適切な教育相談活動を行っていかなければならない。教育相談について、その目的や意義、方法からを明らかにし、教育相談の目的とされる「児童・生徒の理解と人格的成長を促す」ために身につけてなければならない態度・姿勢について考える。
    Ⅱ 教育相談の定義
     カウンセリングを必要とする人は、何らか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。