教科教育法福祉①Z1317

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数272
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       「福祉の分野での職業について、どんな職業があるかを調べなさい。また、資格が必要なものはどんな資格が必要か調べなさい。」
    Ⅰ はじめに
     社会福祉に対するニーズの高まりや福祉施策の充実等から、福祉分野に関する就業は、年々増加している。社会福祉施設数は増加にともない、施設で働く人々も増加している。情報関連産業や医療産業とならんで将来も従事者が増加する「成長産業」と見込まれている。
     社会福祉施設では、さまざまな職種の人たちが働いている。施設長、生活指導員、保育士、寮母、医師、保健師、看護師、理学療法士、作業療法士、栄養士等であり、こうした職種の人たちが、どのくらい職場に必要かということは、各施設の入所者の特性や機能等を踏まえて、法律等に基づき各施設職員配置基準が設定されている。
    Ⅱ 福祉分野関係の職業
    高齢者にかかわる施設
     高齢者の福祉ニーズは年々、多様化しているため、そのサービスもまた、保健・医療におよぶなど極めて多種多様になりつつある。近年、社会福祉士および介護福祉士、介護支援専門員の有資格者が増えてきている。高齢者世帯のニーズの増加にともない、これらの資格者は、必然的に高齢者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。