社会福祉原論②W0102

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数469
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「「市場の欠陥」と「政府の欠陥」をふまえ、社会福祉「市場化」を検討するとともに市民本位の社会福祉をつくるうえでの課題をまとめないさい。」
    Ⅰ はじめに
    福祉行政は多用にして、複雑な課題に対応するため国民的合意に基づく政策の形成を通じ、法令によって組織され行政の作用によって運営管理されている。近年、行政は国民生活の広い分野にわたって様々な対応が求められ、行政による関与の機能は拡大の傾向にある。また、民間活力を積極的に導入し、自主的機能拡大を図る行政の施策がとられている。
    Ⅱ 社会福祉における諸問題
    わが国の福祉課題の根底にある危機認識には、西欧諸国に例をみない急速な老齢人口の増加という事実と少子化による今後の予測がある。社会経済的要因によって核家族化が社会的に推し進められている状況を背景として、高齢化世帯やひとり暮らし老人が年々増加しつづけている。社会や家族の変化は、生活問題を年ごとに拡大・深刻化させてきており、公的福祉施策の不足のなかで在宅サービスア付きマンション・ホームなど商品化する民間サービスが出現するようになり、それに関する問題も生じてきた。今後も増えつづける老人の介護問題や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。