社会福祉総合実習指導Z0721

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数447
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「教科『福祉』における目標を述べ、社会福祉の構造についてまとめなさい。」
    Ⅰ はじめに
     福祉科は、学校教育として行う専門教科である。国が定める教科目標および学習内容を基準とし、高等学校学習指導要領に福祉に関する目標、内容とその取扱いが示されている。教科福祉の目的と目標を述べ、社会福祉の構造については、老人福祉を取り上げ、まとめる。
    Ⅱ 教科福祉が創設された目的
     高等学校は、学校教育法)第41条に示すように、小・中学校における義務教育の基礎のうえに心身の発達に応じて、高等学校普通教育および専門教育を施すことを目的としている。教科「福祉」は、専門教育に関する教科として、1999年、高等学校学習指導要領において「情報」とともに新設されたものである。
     急激な高齢化の進展に、福祉援助を必要とするものの増加と、そのために拠出をおこなうものの減少が、現在の社会福祉理念を掲げたうえでの行政施策に限界をおよぼしている。高校福祉科は、福祉マンパワーの確保と理解されたが、論議の結果、「専門的な職業人の養成を目指す」タイプと「社会福祉の関心と理解を深め、社会福祉関係の高等教育機関への進学を目指す」タ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。