地域福祉論1W8104

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,023
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       「地域福祉とは何か。理念と基本的概念の整理を行った上で、現在の日本における地域福祉の役割と課題について考察しなさい。」
    Ⅰ はじめに
    社会福祉は、人間が人間らしく生まれ、生きていくことのできる社会をつくることが基本である。地域福祉とは、地域社会を基盤に住民が、主体的に地域社会のさまざまな生活課題に関わり、住民一人ひとりの努力(自助)、住民同士の相互扶助(共助)、公的な制度(公助)の連携・協働によって、福祉コミュニティを構築し、住民一人ひとりの生活保障を実現していくことである。
    今回、地域福祉の理念と基本的概念を整理し、我が国における現在社会の地域福祉の役割と課題について考える。
    Ⅱ 地域福祉の理念と基本的概念
     「地域福祉とは、住民が地域社会において自立した生活を営むことを可能にするために必要な福祉と保健・医療等のサービス整備とサービスの総合化、福祉の増進・予防活動、福祉環境の整備、住民参加の福祉活動の支援を行い、これらの活動をとおして福祉コミュニティの形成をめざす福祉活動の総体をいう。」この概念は、社会福祉全体の目標、理念とほぼ一致している。現行社会福祉事業法第3条(基本理念)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。