老人福祉論1W8101

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数758
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「わが国の高齢者福祉のあゆみをまとめ、今後の課題を述べよ。」
    Ⅰ はじめに
     わが国の高齢者福祉および関連制度は、戦後、民間の有識者や社会福祉関係者から運動が展開され、整備されるようになった。高齢者のための社会福祉サービスや施設の設置・運営等に対する関心が高まり現在の発展に至っている。高齢者すべてを対象とし高齢者固有の法制度である老人福祉法制定後の高齢者福祉の発展過程についてまとめ、課題を述べる。
    Ⅱ 老人福祉法の制定 
    1963(S38)年、老人福祉法が制定され、老人福祉の増進を目的として施設福祉政策が体系化された。制定された理由として、高齢者に対する家族扶養機能の弱体化および貧困問題に限らない新たな老人問題の出現があった。しかし、経済的理由や環境上の理由が入所要件となっており救貧性と選別主義強い傾向にあった。在宅福祉施策が着手され、高齢者の社会参加の視点から諸施策が位置付けられるなど、各種老人福祉施策が展開される基本的な枠組みが形成された。高度経済成長が続き、その成果が国民生活の向上につながっていないことへの国民の強い不満があり、高齢者に対する医療と所得保障が大きく進み福祉サ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。