学校教育課程論Z1105

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数330
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教育課程とは何かについてその基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。」
    Ⅰ 教育課程の基準
     戦後の教育改革は、国民に教育を受ける機会を保障することが大きな柱であり、学校教育課程に転換がもたらされた。戦前に形成された国家主義の解体と新たな民主主義の発展が目指され、国家への忠誠心を育む教育が、一転して教科教育中心の個人のための教育に転換してきたのである。教育基本法および学校教育法の公布と平行して、最初の学習指導要領(試案)が制定され、教育課程の一定基準が設けられた。昭和26年、学習指導要領の改訂では、4つの経験領域の枠組みに再編成され、領域ごとに合科的な授業を行うことを意図とし、きわめて柔軟なカリキュラムであったが、生徒の自主性を重視する路線は踏襲されている。
    戦後復興期から、さらなる近代化を求めるようになり、必要とされたのが基礎学力の育成であった。また、今までの経験学習的なカリキュラムによって、児童生徒の基礎学力が低下し、青少年の非行、規律の低下などが問題となり、学校教育におけて対応策が求められるようになった。そのため教育課程において基礎学力の育成とともに知識を生活に役立てる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。