老人福祉論Ⅱ①L0242

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数561
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「高齢者保健福祉10ヵ年戦略(ゴールドプラン)実施以降の法制度の変還内容をまとめ、わが国の高齢者保健福祉サービスの現状と課題を延べよ。」
     1989(平成元)年12月、高齢者保健福祉推進十ヵ年戦略(ゴールドプラン、在宅福祉推進・寝たきり老人ゼロ作戦)が制定された。21世紀に向かうわが国の高齢化への対応を図り、高齢者に関わる福祉及び保健対策の基本方向性を示した。
     1990(平成2)年の老人福祉法の一部改正する法律(福祉関係八法の改正)により、①在宅福祉サービスの積極的推進、②特別養護老人ホーム等の入所決定事務の町村への委譲、③老人保健福祉計画の作成、④老人健康保持事業の促進と対応する全国規模の法人の指定、⑤有料老人ホームに対する指導監督の強化等が位置づけられた。さらに1994(平成6)年の老人福祉法一部改正により、①在宅介護支援センターの法定化、②市町村の情報提供義務、③処遇の質の評価等が盛り込まれた。在宅福祉サービスと施設福祉サービスを内容とする介護の総合的実施が行なわれることとなり、各市区町村および都道府県ごとに老人保健福祉計画が作成され、2000(平成12)年までの各地域にお..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。