地域福祉論Ⅱ②L0244

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数483
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「地域福祉の展開におけるサービスのネットワーク化について考察しなさい。」
    わが国において社会福祉という言葉が使われるようになったのは、第二次世界大戦後のことである。憲法第25条の規定のなかで社会保障という言葉が使用されたことが生存権の保障が国の責任によってなされるべきものであることを国民に位置づけたといえる。高度経済成長期に社会保障・社会福祉体系が確立し、低成長期には高齢化社会を迎え、社会福祉はそれまでの施設中心・機能分散型といった性格を変え、在宅中心・機能複合型の地域福祉を基盤とする性格を持つようになった。
    地域福祉、在宅福祉への直接的サービスとしてコミュニティ・ケアが必要とされた。村山重夫は、コミュニティ・ケアはコミュニティの存在を前提とし、そのためには地域住民の福祉の確保を目的とする福祉コミュニティの形成が不可欠であるとした。また、地域福祉は、①地域組織活動、②コミュニティ・ケア、③予防的社会福祉の3つから構成されると規定し、社会福祉の方向を地域福祉・在宅福祉へと転換していくのである。
    在宅福祉サービスに対するニーズが急激に高まり、居宅処遇の原則に基づいて、可能な限り地域生活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。