精神保健2L1114

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数373
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「不健康とはどういうことか説明し、健康を保つための留意点を考察せよ。」
    Ⅰ,はじめに
     現在社会において、自分が健康であると認識している人は、少ないといわれている。健康と不健康の境界線は、個人によってことなる。明らかに不健康であると示すことはできても、健康であると示すことは、容易ではない。健康と不健康をとらえ、健康保持・向上の方法について考える。
    Ⅱ,健康とは
    WHOの憲章(1948年)の前文に「健康とは、身体的、精神的、そして社会的に良好な状態が保たれていること、単に病気がないとか弱くないとかいうことではない。」この定義は、「単に病気がなく虚弱ではないということではない」として、健康を不健康の否定によって定義することなく、「身体的、精神的、そして社会的にあまねく安寧な状態」という肯定的な定義を与えている。
    健康について考えるとき、「自分が健康だ」という実感が最も基本的な意味をもつ。私たちの日常生活では、「健康である」という実感をもつ場合もあるが、その反面「不健康である」という実感をもつ場合もある。不健康という実感をもたなければ健康かというと必ずしもそうではない。
    Ⅲ,不健康とは
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。