社会福祉史2②L0104

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,577
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「テキスト第7章を熟読したうえ要約し、COSとセツルメント運動の貧困観の違いについて私見を加えよ。」
    Ⅰ,はじめに
     困難なときに人が人を支えるという行為を福祉の原点とするならば、人類の発生とともに福祉は始まり、制度も何もない時代では人々の助け合いがすなわち民間福祉活動そのものであったいえる。公的社会福祉が発生し、それに対して民間社会福祉いう場合は後になってからのものを意味する。博愛の世紀ともいわれる1700年代のイギリスの民間慈善事業が源流であると考える。
    Ⅱ,慈善組織協会(COS)
     救貧法による制限的救済は、資本主義発展段階における窮乏化現象に対応することができず、貧困層の拡大は一層広がっていった。そのような中、振興ブルジョアジーや宗教的慈善活動家を中心とした慈善活動が活発となる。しかし、その活動は無秩序で断片的であり、貧困問題を解決しうるような性格のものではなかった。そのため、1869年、慈善救済の組織化と乞食防止のための協会が結成された。翌年、慈善組織協会(COS)と改称され、慈善団体の組織的・効果的な窮民対策をおこなおうことを目的とし、精細で正確な個別調査と慈善団体の連絡調..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。