社会福祉史2①L0104

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数764
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「テキスト第4章、5章を熟読したうえ要約し、イギリス救貧法の生成と発展の思想的背景について論述せよ。」
      
    Ⅰ,はじめに
     イギリス救貧法は、16世紀後半に貧民の救済、就労の強制、ならびに浮浪者の排除を目的とした諸制度として実施された。貧困対策からの教訓から2回にわたる救貧法改正を経て、1601年、国家規模の救貧法制が確立する。
    Ⅱ,イギリス救貧法の生成
     中世奴隷制社会では、荘園内の農奴や小作人の生活困窮や疾病などの保護・救済は領主が直接おこない、また小作人同士の相互扶助により生活を維持してきた。12世紀から13世紀、農地収奪によって大量の浮浪者を生み出される。この現象は、毛織物工業の発展に伴う産業構造の変化から生み出されたものであり、18世紀半ばにかけて重商主義時代を経過する。封建制度の崩壊は、資本主義的な利潤を追求する生産活動が本格化する初期の段階で、多くの賃金労働者を輩出した。
     1348年に猛威をふるったペストは、労働力の不足を招く結果となる。その状況は農村人口の激減と農村労働者の賃金上昇を同時にもたらし、貧民の都市への集中という現象を生み出された。社会状況の変化が地主や政..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。