社会福祉行政論②L0305

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数599
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「市町村における高齢者福祉行政の仕組みとその問題点をあなたが住んでいる地方自治体を例にまとめなさい。」
    わが国においては他の先進諸国が今までに経験したことのない急速な勢いで高齢化が進展しており、2020年ごろには全人口の4人に1人が65歳以上という、世界でも最高水準の高齢社会となることが予想されている。私の住む和歌山県は、現在の高齢化比率は21.8%であり、特に山間過疎地域では、約40%に達している町村もあり高齢化が進んでいる。高齢者の生きがいづくりや社会参加活動計画の支援、青壮年期からの健康づくり、介護予防、生活支援対策を充実するとともに、質の高い介護サービスの実現が現在の重要な課題となっている。
    この課題に対する政策を着実に進めるため、介護保険事業支援計画と老人保健福祉計画かなる「わかやま長寿プラン」が策定された。しかし、高齢者介護サービスの提供体制が遅れている現状は否定できない。提供サービスの遅れは、要介護者を抱える家族の肉体的・精神的・経済的な介護負担の増大や社会的入院による健保財政の圧迫といったかたちとなり、悪循環を招いている。
    寝たきりなどの介護を必要とする高齢者は高齢..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。