社会福祉学①A0006

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数701
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉の歴史と理論の展開について述べなさい。」
    社会福祉の歴史は、人類の始原以来、個人の自由を認めない関係の下での他者援助により福祉が形成される段階、人類史上初めての体制的に形成される個人の自由の下で他者援助により福祉が実現する段階、個人の自由を確立したすべての国民が共同して福祉を社会的に編成する段階に区分される。この三段階は、宗教的政治的権威にもとづく慈善救済、人間的博愛にもとづく慈善事業、自立した個人の社会共同としての社会福祉となり三つの生活援助の形態をもたらした。
    社会共同は人類の生存に必要不可欠な条件である衣食住など生活資材の産生・種の繁殖は、人類の生存を可能とする不可欠でかつ貫通的な条件であり、社会共同のなかでのみ実現するからである。共同とは、力を合わせて仕事をする、血縁・地域・精神の三つの面でつながった人々からできあがった集団・社会とされている。人は、共同から力と心をあわせて一緒に生活すること、互いに害をおよぼさず利益を得ながら生活をする共生へと移行し、共同社会が誕生した。共有のもとで地縁あるいは血縁の相互扶助が、人類の始原以来形成されたのである。福祉は、人々の間に友愛..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。