社会福祉援助技術総論②L5002

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数608
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助技術の理論と動向を歴史的に述べよ。」 
    Ⅰ、はじめに
    困難なときに人が人を支えるという行為を福祉の原点とするならば、人類の発生とともに福祉は始まり、制度も何もない時代では人々の助け合いがすなわち民間福祉活動そのものであったいえる。公的社会福祉が発生、発展について社会福祉援助技術の理論確立過程を歴史的背景、時代にそって述べる。
    Ⅱ、わが国の近代社会福祉以前
    社会福祉の歴史は、人類の始原以来、個人の自由を認めない関係の下での他者援助により福祉が形成される段階、人類史上初めての体制的に形成される個人の自由の下で他者援助により福祉が実現する段階、個人の自由を確立したすべての国民が共同して福祉を社会的に編成する段階に区分される。この三段階は、宗教的政治的権威にもとづく慈善救済、人間的博愛にもとづく慈善事業、自立した個人の社会共同としての社会福祉となり三つの生活援助の形態をもたらした。
    福祉は、絶対者からの恩賜として実現するものであった。封建社会の人々が開放されて、わずかながらの自由を得たとき、従来みられなかった貧困が発生した。1874年に恤救規則が制定され、対象を制限するとともに血..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。