社会福祉援助技術各論Ⅱ②L5004

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数504
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「行政計画として地域福祉計画の必要性と地域福祉計画を具体的にすすめていく上での方法や手順について述べよ。」
    Ⅰ はじめに
     人は、誰もが社会環境に適応しながら、住み慣れた地域や家庭を生活の場として、安心して暮らしていくことを願っている。しかし、わが国において、かつての伝統的な家庭や地域の相互扶助機能は弱体化し、地域住民相互の社会的なつながりも希薄化するなど地域社会は変容しつつある。少子高齢化社会の到来、成長型社会の終焉などが追い打ちをかけ、複雑に絡み合った社会環境との関わりを保つことが困難になってきている。
     このような現在社会における地域福祉の意義と課題を踏まえ、その方法と手順について述べる。
    Ⅱ 地域福祉計画の必要性
     変容しつつある地域社会に人が適応し、安心して暮らしていくために地域福祉の存在意義がある。社会機能の変容するなかで、市町村を中心とする福祉行政の役割は重要となってきており、加えて地域住民の自主的な助け合いなどの意義も大きくなってきている。
     国民生活の安心と幸福を実現させるためには、自立した個人が地域住民としてのつながりを持ち、思いやりや助け合いというともに生きるまち..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。