社会福祉援助技術各論Ⅰ①L5003

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数462
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会福祉援助における個別援助技術の展開過程について論述せよ。」
    Ⅰ 社会福祉援助における個別援助技術
     個別援助技術とは、援助者が利用者それぞれの生活問題に応じた個別の対応を専門援助としておこなう方法をいう。主に個人や家族を対象にした援助である。人は、与えられた環境や立場・抱える課題などが似ていても、あくまでも他人とは異なる独自の存在という認識に立つとき、個別援助技術は必要な援助方法となる。対象者が自らの力で解決不能となった状況、または環境の相互関係に注目し、援助者は両者の接点に働きかけるのと同時に、個人にはパーソナリティーの発達や安定を図りながら、生活への適応を高めていくことを目的としている。そして利用者が遭遇している困難状況は、社会問題の一角でもあるとして、社会問題を見据えながらあらゆる社会資源を動員して問題解決を支援する。
    Ⅱ 個別援助技術の展開過程
     援助過程は、利用者の状況や生活環境の変化などから、当初の計画どおりに進むわけではなく、フィードバックを繰り返しながら展開される。援助者は、常に達成可能なゴールを意識しながら援助を計画的かつ柔軟におこなうことが重要である。
    イン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。