社会福祉援助技術演習②L5005

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数395
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「テキストの中の1~8までの事例の内、一つを選んで「討論と考察」において、事例の中で紹介されているソーシャルワーカーの援助について、スーパーヴィジョンの対象となった点およびスーパーヴィザーの意見についてまとめなさい。」
    Ⅰ 事例紹介
    氏名:Aさん 性別:女性、年齢80歳
    長女夫婦のサポートを受け、20年間一人暮しを続けていたが、2年前に長女夫妻が海外転勤となった。Aさんは、入院を機に長男夫婦宅近くの一人で生活できることが条件である高齢者施設に入所することになった。しかし、入所後のAさんの態度から施設スタッフは、一人で暮らせない人の入所に反感を持つようになった。
    グループワーク後、Aさんへの対応を変容し、落ち着いた生活を送っていたが、イベントの開催や服薬管理を通して、家族への不満は収まらなかった。Aさんの介護プランの変更に際して、家族を含めた話し合いがおこなわれた。これらの過程のなかでスタッフの気持ちの変化がみられた。その結果、Aさんと家族の気持ちの変化とともにAさんへの対応にも変化がみられた。
    Ⅱ スーパーヴィジョンの参加者
    グループリーダー:スーパーバイザー(施設外職員)
    介護スタッ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。