社会福祉援助技術演習①L5005

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数684
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「テキストの中の1~8までの事例の内、一つを選んで主訴、援助経過を簡略にまとめ、事例の中で紹介されているソーシャルワーカーはどのようなアセスメントをし、援助計画(ケアプラン)を立てたかについて述べなさい。」
    Ⅰ 事例紹介
    <氏名>○○○○さん(仮名)、性別:女性、年齢25歳
    <病名>Ⅰ型糖尿病
     10歳で発症し、インスリン自己注射を開始する。
    <背景>
    両親は離婚し、現在、母親と母親の交際する相手と異父弟8歳と同居している。独身で、高校1年で退学し、アルバイトをしている。給料の半分を家に入れている。 
    実弟(24歳アルバイト)、実妹(21歳大学生)は実父と祖母ともに一緒に暮らしている。
    家庭の事情でインスリン自己注射を中止し、昨年から通院を中断していたため、コントロール不良となり入院中である。たびたびインスリン自己注射を自己中断し病状悪化を招いている。
    治療代金を心配しSWとの相談を強く希望している。主治医より経済的な問題を抱えた人がいると相談依頼があった。
    Ⅱ 援助経過のポイント 
    初回面接において、佐藤さんの置かれた現状や考え、家族との関係について傾聴し、今後一緒に考えていくこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。