介護概論①L5007

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数442
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「社会福祉基礎構造改革の先鞭といわれる介護保険制度の現状と問題点を論述しないさい。」
     介護保険制度導入により、介護サービスの担い手は、従来の行政から民間サービスへと移行した。要介護者または要支援者に認定されると介護サービスを受けることができるようになった。導入の絶対的必要条件としては、従来の家族や行政のサービスだけでは、今後の本格的な高齢社会の到来、単身あるいは高齢者のみの世帯の増加などにより、社会システムが成り立たなくなりつつあることが挙げられる。この制度は、将来、団塊の世代が高齢者になる頃には首都圏、近畿圏などの都市部では施設の収容能力の点から施設サービスでは対応しきれないことが確実視されており、そのため行政側において、極力、在宅サービスで対応できる社会環境を整備するねらいがあったといえる。
    民間活力を積極的に導入し、自主的機能拡大を図る行政の施策がとられているが、福祉サービスを必要とするものの増加と、そのための拠出を行なうものの減少が、各人のもつ福祉に対するニーズに税を財源とする措置では対応しきれなくなってきていた。従来の医療保険とは別に社会保険料を徴収し、同時に措置から契..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。