教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数288
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および
    今後の課題について述べなさい。
     ⇒近年、社会の構造が複雑化し、人々の抱える問題も複雑化してきました。それ故、人々の悩みも多岐にわたり、悩む人が相談する相手や内容も多様化しています。友達や親兄弟、教師であり、最近では、インターネット上で見知らぬ人へ相談するケースまで出てきました。インターネット上では、知っている人より話がしやすいと思ってしまっているのです。こういった状況で、カウンセリングするということは、教員にとって、又は、様々な関係において、単なる素質や経験だけでは対応出来ないようになってきました。
     学校において、カウンセリングとは、教師が行う「教師カウンセリング」と、スクールカウンセラーによる、「スクールカウンセラー」が存在します。
     教師は、クラスを運営し、指導を行い、管理し、評価することの共に、カウンセラーとして、子供の様々な悩みを聞き、受容共感し、問題を解決することを必要とされます。しかし、実際に子供は、相談相手として教師を選ばず、友達や家族を選択しがちです。学校によっては、相談室を設置していますが、実際は生徒指導室として使われているの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。