教育原論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数354
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理)
    について考察せよ
     ⇒ペスタロッチーは、1746年スイスチューリッヒに生まれました。父を幼少の時に亡くし、母親と家政婦によって育てられました。祖父の影響を受け、牧師となり宗教信仰を以って救済事業に当たる事を生涯の使命とすると決意しました。後政治活動や農業を営み、1774年貧民院を設立し教育活動を始めました。当時のヨーロッパでは産業革命の進行に伴い、民衆の教育を公共の事業とする公教育制度の整備が各国の課題となっていました。その変革の時代は「教育の時代」とさえ言われていたほど教育にとって歴史的時期でした。この時代にペスタロッチーは、革命後のヨーロッパで悲惨な歴史的現実を直視し、民衆の幸福実現に繋がる、より実際的な仕事に携わろうとしたのです。
    ペスタロッチーは、子供時代ルソーの「エミール」に衝撃を与えられました。ルソーと同じ啓蒙時代に生き、啓蒙的主義を超克することを自己の課題としました。ルソーと同じく、子供には将来発展する素質が備わっていて、この素質が子供の内から発展するように助成するのが教育であると考えています。動物的衝動を拒絶することが、教育であると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。