学校教育職入門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数182
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代の教師に求められる資質とは何か」
     ⇒辞書によれば、教師とは学業を教える人。先生。宗教の指導者。布教師。と表現されています。このような言葉の中で、説明がつくのでしょうか。現代の社会で教師という職業が多くとりだたされてきました。様々な教師がいる中で、社会にとって、一体どのようなものであるのでしょうか。教師に求められる能力には、やはり様々あり、それを持ち合わせて出来るものでなくてはならないでしょう。
     教師としての資質とは、教育職員構成審議会の答申によれば「教育者としての使命感、人間の成長・発達についての深い理解、幼児・児童・生徒に対する教育的愛情、教科等に関する専門的知識、広く豊かな教養、そして、これらを基盤とした実践的指導力が必要である」(昭和62年答申「はじめに」)に謳われています。そして、このような一般的資質能力を備え、そして具体的な資質能力を求められるようになりました。教師には、変化の耐えない今を生きる子供たちに「生きる力」をはぐくむために大きく分けて三つの資質を必要とします。
    一つは、これからの未来を生きる子供に対し、一人間として生きることの理解(生きるということの意味、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。