社会福祉原論①<社会福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,492
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成課程で100点満点中80点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×3ページ=1200文字以内で書きあげています。課題名は「社会福祉士の専門性について論ぜよ」です。
    なお、私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉施設に関する業務内容において、社会福祉士は多方面に亘り、その専門性が必要とされている。例えば、児童福祉施設では子どもとその保護者に対して、障害者福祉施設では障害者を含む利用者に対してなど、施設ごとの専門性が社会福祉士に対して期待されている。しかし、全ての施設、業種問わず社会福祉士が専門知識という面で網羅するのは非常に難しいと感じられる。しかも、その施設や業種には、そのスペシャリストが必ず従事している。例えば、保育所、保育園における保育士であったり、特別養護老人ホームにおける介護福祉士のであったり、専門知識では彼らに及ばない可能性もある。
    そもそも、社会福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。